パキラはどのくらいで大きくなる?大きくしたいときのお手入れのコツ

パキラを2年間育ててみた結果 パキラ

手のひらを大きく広げたような葉が特徴的なパキラ。「発財樹」や「マネープランツ」と呼ばれ、パキラがよく育つ環境ではお金に苦労しないとか。

また、パキラは耐陰性があるため室内でも育てられる観葉植物として高い人気を誇ります。

そんなパキラですが、なかなか大きくならない様子にお悩みではありませんか?

そこで今回は、パキラを大きくしたい時にしておくべきこと3つを解説します。パキラがなかなか育たずにお悩み中の方は、ぜひ今回の記事をご参考にされてくださいね。

めめたん

農業高校で園芸を専門に3年間学ぶ。100均で見つけた小さな実生パキラを大きく育てたことがきっかけで観葉植物に目覚める。賃貸の一室でパキラを試行錯誤しながら栽培して得た知識をブログで発信中!

めめたんをフォローする

パキラはどのくらいで大きくなる?

100均パキラの実生株

パキラは春~秋にかけてよく生長しますが、成長具合は置き場所や使用している土や鉢などによって異なります。

300円で買ったパキラの約2年後は?

パキラを2年間育ててみた結果

こちらは300円ショップで買ったパキラの約2年後です。(上写真)

剪定せずに育てていたところ、置き場所に困るくらい大きく育ちました。

100円ショップの小さなパキラ、約1年後は?

100円ショップのパキラを1年間大事に育てた結果

こちらは、100均で見つけたパキラの小さな苗を1年間育ててみた結果です。(上写真)

葉数が増えて幹も木質化し、見ごたえのある姿に育ちました。

伸びすぎた枝をカットしてから2か月後は?

パキラを丸坊主にして2か月半後

こちらは伸びすぎた枝を切り詰めて約2か月経った様子です。(上写真)

時期さえ間違わなければ、幹だけになっても新しい葉を出してくれます。

パキラは3か月ほどあれば、初心者でも簡単に大きくできるよ!

パキラの幹から枝を出す方法!枝を増やしてボリューミーな株にしよう
パキラの枝を増やしてボリュームのある元気な株に育てたい!そんな方におすすめのパキラの育て方をご紹介します。耐陰性もあり乾燥にも強いパキラは丈夫で育てやすく贈り物としても人気の観葉植物ですね。しかし、本来のパキラは高さ15mにもなる大木です。

 

パキラを大きくしたい!成長させるコツは?

300円のパキラを1年3か月育ててみた結果

パキラを大きく丈夫に育てたい場合、まずは、パキラの原産地の環境を知りましょう。

日本では観葉植物として人気のパキラですが、原産地である熱帯アメリカでは高さ10m以上にもなる熱帯性の樹木です。

生育適温なら屋外に置いてみる

2020年12月のパキラ  ▲スリーコインズで購入したパキラ【2020年12月】

パキラの生育適温は約20度以上で、一年を通して暖かく風通しのよい気候を好みます。

日本でパキラを育てる場合、観葉植物として迎え入れることがほとんどですね。

もちろん、室内でも育てられる丈夫なパキラではありますが、さらにパキラを大きく丈夫に育てていきたい場合、風通しを確保するのがもっとも効果的でしょう。

2022年6月のパキラ  ▲スリーコインズで購入して1年半後のパキラ【2022年6月】

植物の生長に欠かせないのが「日光」「水」そして「風」です。風を受けることで気孔の開閉が活発になり、光合成がさかんになるといわれます。

風通しの面でいうと、室内管理だとどうしても屋外には敵いません。気温が許す限りは屋外に置いてやることで、より生育をよくすることができます。

徒長でひょろひょろのパキラはそのままで大丈夫?樹形の整え方を解説!
パキラの茎ばかりがひょろひょろと徒長して見た目がだらしない…。パキラを育てている方の中にはこのようなお悩みをお持ちの方の多いのではないでしょうか?そこで今回は、パキラがひょろひょろに徒長する主な理由と対策について詳しく解説します!

25度を超えたら葉焼けに気を付けよう

葉焼けにより色抜けしたパキラの葉

とはいえ、暑い時期は直射日光により葉の一部が焼け焦げたように変色する「葉焼け」を起こしやすいです。

葉焼けというと、「茶色くなる」と思われがちですが、上写真のように色が抜けたようになることもあります。

葉焼けはパキラ見た目を悪くさせるだけでなく、葉焼けした部分は光合成もできなくなるため、葉焼けした面積が増えると株自体をも弱らせてしまう原因になります。

約25度以上になったら直射日光を避け、半日陰か日陰へ移動し葉焼けを防ぎます。遮光ネットを利用してもよいでしょう。

遮光ネットを設置▲ダイソーの遮光ネットを利用

また、冬に室内に置いていたパキラを春に屋外へ出す場合、いきなり日向に置くと葉焼けを起こしやすいです。

植物は急激な環境の変化に弱いため、「鉢を移動する場合は数日かけて少しずつ」おこないます。

例:室内の窓際(一週間)⇒屋外の日陰(一週間)⇒半日陰(一週間)⇒様子を見て日向へ(ただし高温期は葉焼けを起こしやすいため強光は避ける、西日も×)

パキラの葉が色抜けしている…原因は?対処法も
パキラの葉が白く色が抜けたようになっていませんか? 今回は、パキラの葉が白く色抜けするときの原因と対処法をご紹介します。 早めに対処しておくことで被害を最小限に抑えることが出来ます。では、くわしくみていきまし...

根詰まりしたら植え替える

鉢替え前のパキラ

春から秋の暖かい時期にかけてのパキラは生長がさかんになります。

そのため、パキラを2年以上植え替えていないと、「根詰まり」や「土の劣化」により、鉢内の水はけが悪くなりがちです。

根詰まりを起こすと根がスムーズに水分を吸い上げられず、生育に影響を及ぼします。

たとえば、「新しい葉がなかなか出てこない」「葉の色つやが何となく悪い」「水やりしても葉にハリが戻らない」などですね。

1~2年に一度の植え替えが理想的

パキラの鉢底を覗いて根っこがはみ出ていれば根詰まりのサインです。暖かい時期にひとまわり大きめの鉢へ植え替えましょう。

鉢から取り出したパキラ

植え替えの適期は春から秋の暖かい時期ですが、筆者のおすすめは気温が20度以上になる春です。

春に植え替えることで冬までの間に根をしっかりと張らせ、冬に備えることができますよ。

また、根詰まりを起こしている様子が見られない場合でも、2年に一度は植え替えるのが理想的でしょう。

パキラは水はけのよい土を好みます。土が古くなってくると土の粒が崩れて団子状になり、鉢内の水はけが悪くなるからです。

パキラの鉢の選び方。パキラに適した鉢の条件3つとは?
手のひらを広げたような張りのある葉とすっきりとした幹が印象的なインテリアグリーン・パキラ。 そのままでもおしゃれな見た目のパキラですが、さらに魅力的にみせるためには鉢植えがポイントになります。 また、パキラの性質に適した鉢植えを...

15度以下なら冬越しに集中する

鉢替え後のパキラ

パキラが耐えられる寒さは5度といわれ、観葉植物の中でも寒さに強い方です。とはいえ、本来は暖かい気候を好むパキラ。

15度以下になるとパキラの生長は徐々に緩慢になってきます。それと同時に、根が水分を吸い上げるスピードも落ちるため、水やり後、土が乾くまでに時間がかかるようになってきます。

この時に、暖かい時期と同じように水やりを続けていると起こしがちなのが「根腐れ」です。

水やりは土が乾いて3~4日してから

パキラの水やり

最低気温が15度を下回るようになったら水やりは控え目に移行します。具体的には、「土が乾いてさらに3~4日してから常温の水を暖かい時間帯に与える」です。

このようにすることで、樹液濃度を高めて寒さに備えることができます。根腐れを起こしてからでは復活は困難です。

根を冷やし株を弱らせないためにも、冬場の水やりは必要最低限に抑えます。

パキラ 冬の管理方法と注意点【冬に弱る原因3つとは?】
冬のパキラの管理方法をご存じですか?丈夫で初心者でも育てやすい人気のパキラですが、冬はパキラが弱りやすい時期です。今回は冬のパキラの管理方法とパキラが冬に弱りやすい理由、冬にあると便利なおすすめ園芸アイテムをまとめてご紹介します。
水やりチェッカーがあると管理が楽になる

サスティー

とはいえ、「土が乾いた」のを確認するのはなかなか手間です。そして、土が乾いたという状態がイマイチ分からない…という方も多いのではないでしょうか。

土が乾いたかどうかの確認方法としては、「鉢を持ち上げて軽い」「土に指を2~3cm挿して水気を感じない」などがあります。

ただ、どれも感覚頼りで確実性が低いです。特に冬場の水やりは難しいですね。そんな時に重宝するのが家庭用水分計です。(下写真)

サスティー  ▲土が乾いたら「白」、濡れていたら「青(水色)」と一目瞭然!

スティック状のチェッカーを土に挿しておくだけで、土の乾き具合を測定して色で水やりのタイミングをお知らせしてくれる便利アイテムです。

冬場の場合は、チェッカーが白になってさらに3~4日してからの水やりがよいでしょう。

「これだけは枯れしたくない!」というお気に入りの一鉢に挿しておくのもおすすめですよ。

サスティー  ▲シンプルな見た目で目立ちにくいのもいい

 

パキラはどのくらいで大きくなる?大きくしたいときのお手入れのコツ【まとめ】

100均パキラの実生株  ▲ダイソーで購入した100円のパキラ【2021年4月】

今回は、パキラを大きくしたい時にすべきこと3つをくわしくご紹介しました。

パキラを大きくしたい場合、「日光」「水」「風」を最大限にする必要があります。

たとえばパキラの生育がさかんな春から秋。この時期に日光が不足すると枝(葉と幹をつなぐ部分)ばかりが日光を求めてひょろひょろと伸びていきます。

これは徒長(とちょう)の代表的な症状で、一見、大きくなったようにみえますが株自体は弱々しくなっていきます。

徒長したガジュマル  ▲徒長を起こしたガジュマル【例】

十分な日光と風通しを確保し育てたパキラと、徒長したパキラの違いがはっきりと出るのが冬場でしょう。

春から秋に十分な体力をつけた丈夫なパキラは水やりさえ気を付けていれば寒さに耐えてくれることが多いです。

しかし、徒長を起こしたパキラはちょっとした環境の変化(寒さや蒸れ)などで大きなダメージを受けやすくなります。

大きくすることはもちろん、丈夫な株に育てることで、パキラをより長く楽しむことができますよ。

やや徒長気味のパキラさん  ▲大きくなったように見えて徒長していることも。ちなみに、節と節の間隔が広くなり間延びするのも徒長の症状。

パキラを大きくしたい時にすべきこと3つとは?

  1. 生育適温(約20度~30度未満)なら屋外に置いてみる
  2. 根詰まりしたら暖かい時期にひとまわり大きめの鉢へ植え替える
  3. 15度以下になったら冬越しに集中する

パキラの人気topics

パキラの幹から枝を出す方法!枝を増やしてボリューミーな株にしよう
パキラの枝を増やしてボリュームのある元気な株に育てたい!そんな方におすすめのパキラの育て方をご紹介します。耐陰性もあり乾燥にも強いパキラは丈夫で育てやすく贈り物としても人気の観葉植物ですね。しかし、本来のパキラは高さ15mにもなる大木です。
パキラの葉が落ちるときに必ず確認すべき3つのポイント
パキラの葉が落ちる症状にお悩みですか?今回はパキラの葉が落ちる時に必ず確認しておくべき3つのポイントと葉が落ちる主な原因、葉が落ちるときの対処法を分かりやすく解説します。パキラの葉が落ちてお困りの方に参考になる記事です。
パキラがぐらつくときの原因と対処法は?
濃いグリーンの葉が花のように広がる姿が爽やかな雰囲気にしてくれる人気のインテリアグリーン・パキラ。 仕事運や商売運をアップしてくれるともいわれ、開店祝いの贈り物としても人気の観葉植物ですね。 そんなパキラです...
タイトルとURLをコピーしました